茨城の地酒


 

全国には美味しいお酒がたくさんありますが

茨城にも美味しいお酒がいっぱいあります。

 

地元 IBARAKI の地酒専門店として、直接関係を結んでいる

造り手の思いをお届けします。

 


霧筑波

浦里酒造 (茨城県つくば市)

ほとんどが県内の流通で、地元で圧倒的な人気を誇る【霧筑波】は晩酌に、お土産に、贈答品に、30年以上愛され続ける難しさを知っている銘酒。

あくまでも食事ありき、ずっと寄り添っていられる食中酒です。

年末発売のリカーショップサトウ限定の【霧筑波 特別本醸造 樽酒】は年に1度の風物詩です。


男女川、すてら

稲葉酒造 (茨城県つくば市)

筑波山麓の小さな蔵で、蔵娘であり女性杜氏の稲葉伸子さんが醸します。

稲葉酒造のメインブランド「男女川(みなのがわ)」はもう一杯、もう一杯と飲みたくなる、飽きを感じさせない味わい。筑波山のお土産にも親しまれています。

 

☆リカーショップサトウは全国で唯一の「蔵元限定 すてら」特約店です☆

年間7本のみの少量仕込みで醸す蔵元限定「すてら」は、娘である稲葉さんが蔵の存続のために、旦那様の協力を得て蔵を継いだのちに立ち上げた大切なブランドです。

「星降る里蔵」で親しまれる愛称と旦那様の旧姓「星」にちなみ、ラテン語で「星」を意味する「すてら」を旦那様への感謝の気持ちを込めて命名し筑波山の湧水と手造りで大事に醸されています。

上品かつ重厚感溢れ、キレイで甘やかな確かな味わいは多くの人々を魅了します。


渡舟、太平海、府中誉

府中誉 (茨城県石岡市)

復活米「渡船」で醸す極上の酒「渡舟」。華やかな香りと旨みある味わい、そして引き際の良い余韻で楽しむ時間は格別です。

復刻ブランド「太平海」は多くのファンに支えられた人気の銘酒です。


白鹿、筑波、酔鶴、寿山

石岡酒造 (茨城県石岡市)

江戸時代より、大自然に恵まれた地で「醸造300年之技日々これ吟味」をモットーに酒造りをしています。

主力ブランド「白鹿」「筑波」、加盟店限定「酔鶴」、そして新たなチャレンジ「寿山」...と目的を変えた様々な地酒を醸し、

現在はベテランと期待の若手との融合で心の籠った熱い蔵です。


白菊

廣瀬商店 (茨城県石岡市)

廣瀬商店が数々の時代にわたって受け継がれているように、飲む側もまた祖父・父親の世代からずっと愛飲されています。

白菊は「毎日飲んでいても飽きない美味しさ」を念頭に造り続ける銘酒です。


来福、真向勝負

来福酒造 (茨城県筑西市)

10代目蔵元 藤村氏により多彩な酒造好適米と様々な花酵母で醸す銘酒です。伝統を守りながら常に新しいコトにチャレンジするスタイルこそ、フルーティーな香りと芳醇な味わいで「来福」を表現しています。

販売店限定の「真向勝負」や「地焼酎」、県内の果実で造る「地リキュール」もオススメです!


武勇

武勇 (茨城県結城市)

紬の里結城で醸り続けて百余年...茨城屈指の実力派蔵。

長年腕を上げ続ける、蔵元と数人の蔵人による「チーム武勇」で醸す酒は、旨みしっかりと。柔らかさとコクがありながらもキレも抜群。幅広い層から愛され親しまれています。

最近では「もう一つのスタンダード ~yeast mash of type~ 」を掲げ伝統的な生酛造りにに重きを置いて酒造りをしています。


(ゆい)富久福

結城酒造 (茨城県結城市)

紬の里「結城」の小さな蔵でお嫁様で女性杜氏の美智子さんが醸す「結ゆい」。ここ数年で人気急上昇中。美智子さんの「人柄・こだわり」が酒に表現された魅力が皆を虜にする秘訣だと当店では考えています。

手造りの少量仕込みで醸されるため、県内でも限られた特約店で販売しています。

今後益々要チェックです!


一人娘

山中酒造 (茨城県常総市)

たったひとりの【一人娘】のように、大事に大事に醸されてきた茨城県内外問わず知名度の高い銘酒です。

年に1度、2月4日の早朝より搾り、瓶詰、出荷される完全予約限定酒【立春朝搾り】は毎年大人気の縁起酒です。


御慶事

青木酒造 (茨城県古河市)

SAKE COMPETITON 2015【純米吟醸 部門 第三位】入賞で一躍脚光を浴び、茨城最西端の古河市から彗星の如く現れた「御慶事」。

青木酒造さんの使用米は、ほとんどが茨城県産米。その県産米で、青木酒造スタッフと杜氏の箭内さんが醸す「御慶事」でたくさんの方々を魅了。

当店を含めた、県内特約店3軒と青木酒造さんでは新たな魅せ方にもチャレンジしています!


稲里

磯蔵酒造 (茨城県笠間市)

陶芸の街笠間でどっしりと構える磯蔵酒造さん。

日本酒初心者には少々とっつき難いかもしれないが...と自らに一言。自らの造りたい酒を造る。そんな周りに流されぬスタイルで「稲里」を醸します。

年に1度、4月に開催される蔵開放イベント「ちょっ蔵新酒を祝う会」はモットーである【酒は人ありき】を物語る県内最大級の蔵開放イベントです。


郷乃誉、山桜桃

須藤本家 (茨城県笠間市)

1141年(永治元年)創業。日本最古の造り酒屋として「酒・米・土・水・木」を教訓に銘酒【郷乃誉】を醸します。

日本国内のみならず世界を相手にも発信し、2016年には伊勢志摩サミットで銘酒【花薫光】が振舞われました。現在は全量 純米大吟醸 蔵です。


一品

吉久保酒造 (茨城県水戸市)

茨城県の県庁所在地水戸市の銘酒「一品」

日本人にとって大切な場面で交わす酒に対して特別な思いを持つ吉久保博之社長と、鈴木杜氏と若手蔵人で醸しています。

目指すは旨辛口。梅もサケェ、酒もウメェ。


菊盛

木内酒造 (茨城県那珂市)

終戦後の物不足の時代。醸造したお酒は右から左に飛ぶように売れました。木内酒造はあくまでも「品質優先、こだわりの本物の醸造。」を心がけていました。

現在では、ビール醸造・本格焼酎・ワインなど各分野にノウハウを活用しチャレンジしています!

 

リカーショップサトウは「常陸野ネストビール」販売店です。

世界ナンバーワンクラフトビールと呼ばれる【常陸野ネストビール】をお取り扱いしています。2017年は小売業界初の、オリジナルビールを造りました!


愛友

愛友酒造 (茨城県潮来市)

愛友酒造の酒造りに欠かせない最適なミネラル分を含む水脈は、古代から酒造りのみならず潮来の人々の暮らしを支えてきました。

今も「嫁入り舟」が行き来する水辺の町で、愛友酒造はその名の通り酒を愛する人々の顔を思い浮かべながら、〈友〉に〈愛〉される地酒を醸しています。


徳正宗

萩原酒造 (茨城県境町)

銘酒「徳正宗」は[興至れば酒を酌み、興さめればそれを補う、人生の哀歓とともに、酒ありてそれを酒徳という。]から命名されました。

そんなシーンに合う酒を求めて、伝統を守りつつも挑戦することを忘れない酒蔵です。


月の井、彦市

月の井酒造店 (茨城県大洗町)

茨城県の観光名所 大洗サンビーチで有名な大洗町で醸される「月の井」

海の近くの仕込み水はミネラルを多く含み、酒造りへの良い影響を与えます。

準定番の「純米吟醸 無濾過生原酒」はシリーズ人気No,1。スパークリングSAKE「淡薫泡(あくあ)」もオススメです!

 

リカーショップサトウは限定酒「彦市」販売店です。

歴代の蔵元が襲名してきた「彦市」を 8代目若手蔵元の坂本直彦さんが大洗の地酒として表現しました。使用米から地元一貫造りにこだわり、このお酒を通して一人でも多くの方が大洗へ足を運んでくれたら、、、そんな願いが込められています。


松盛、岡部

岡部合名会社 (茨城県常陸太田市)

明治8年創業以来、現在の五代目と六代目 岡部彰博さんと引き継がれ、地域に支えられ愛される酒造りを目指しています!

醸造するほとんどのお酒が県内米にこだわっています。常陸太田市内の若手農家さんと連携し地元の子供たちと酒米を田植えし、その酒米「美山錦」で醸す地酒を超える自酒「ご縁だね」もそのこだわりの一つです。

 

リカーショップサトウは限定酒「岡部」販売店です。

代表銘柄【松盛】の他に、隠れた限定ブランド【岡部】があります。一つのお酒を(生・火入・うすにごりなど)様々な魅せ方を楽しめるお酒です。春にはしぼりたてのフレッシュ感。秋頃には落ち着いた旨さ、そんな四季折々で楽しめるお酒です。


大観

森島酒造 (茨城県日立市)

茨城県内で1番海に近い蔵の酒「大観」。造り手は茨城県出身で初の南部杜氏で蔵息子の森嶋正一郎さんが自ら醸します。

海の肴に合う食中酒を目指しながら、酒単体でも十分楽しめるバランスは圧巻。

人気の「しぼりたて、無ろ過生原酒」など季節限定の各シリーズもオススメです!


富久心

椎名酒造 (茨城県日立市)

茨城県日立市、十王山脈の小さな酒蔵で若き蔵元杜氏 椎名健二郎さんが手造りで醸す銘酒です。

阿武隈山脈を水源とする、久慈川水系の超軟水で醸される味わいは蔵元の笑顔を連想させる優しくも滑らかな味わいです。